2006.05.29

大洗で大笑い(?)。

たんぽぽな皆様と大洗水族館まで行ってきました。
詳しいことはそのうちオフレポ作りますんで、そちらで。。。

簡易版っちゅーことで撮ってきた写真を何枚か紹介するズラ。

01_3
大洗に到着した頃の海。大シケです(^-^;

02_2
水族館エントランス。

03_3
イワシが周ってら。

04_2
水槽に釘付けになっている、某えぼきぃ。さん。

05_3
大水槽。

06_1
海ガメの甲羅に3匹のコバンザメがくっついてました。なんだか迷惑そう。

07_1
今回人気の高かった(?)クラゲちゃん。

08_1
彩色豊かなサンゴ&イソギンチャク。

09
なんだこのヒト達。サメ? なんか、仲良さそうだったので撮ってみました。

10
チンアナゴ。なんか気に入った(^-^;

11
鮮やかなキサンゴ。

12
あら、向こう側に見覚えのある方が。

13
水族館を後にし、お昼ご飯を求めて。。。

14
「おさかな天国」さん。おさかなさんにとっては地獄だろうに(笑)

15
海鮮丼。ドォーーン!!と、美味しゅうございました(^¬^)

16
チビたんぽぽ達もまんぞく?

17
大洗港をバックに。

18
鯛エボリューション。


| | Comments (29) | TrackBack (0)

2006.05.13

「ちょっとそこまで。」的感覚。

去年の夏のとある休日。
小鳥がさえずる中(Rari様のイビキの中)、爽やかな気分(ハウスダストで胸糞悪い気分)で目を覚ました私は
まだ横で眠っているRariさまと会話。
た「ねぇ、ちょっと」
R「ん~~~~?」
た「ちょっとそこいら辺ドライブしてくるね」
R「あ~い、いってら。気をつけてね」「ZZZzzz・・・」

意気揚揚とたんぽぽフィットを通常の3倍のスピードで走らせ
近所のドライブに出かけたのでした。

ですがどうですか?気が付けば私の眼前に広がる湖に
富士山のような山が写っているではないですか。
あっれ~、奥多摩湖の側にそんな形のいいお山なんてあったっけ。
しかも湖上にはスワンが浮かんでいるし。

おおうっ!!なんてこった。富士山に見えたそのお山、榛名富士でした。
ちょっとそこまでドライブのつもりが、下道で榛名山に来てしまった!!

そんな感じの距離感覚なんです。「ちょっとそこまで。」


あたしねぇ、ほんと運転がすきなんですよ。
峠を攻めたりするわけでもないし、ましてやジムカーナやサーキットも走ったこと無いす。
そんでもって、車の挙動やらセッティングやら、そういうこともよくわかんんない。ど素人。

ホントね、車をただ走らせているだけで幸せなんです。
窓から写る風景を楽しみながら走る。
大自然の中におかれた愛車の姿を想像しながら走る。

林道が大好きです。
でもよく林道を攻めているの?って誤解されます。
そうじゃないの。
ヒトの手があまり加わっていない道を静かに走るのがすきなの。
山の奥深いところまで林道を進み、エンジンを切ってみてください。
耳に入ってくるのは鳥のさえずりと、風で木々が揺れる音のみ。
山のサウンド。これぞ林道の真骨頂。


そんなわけで、愛車を走らせているときが最も幸せな瞬間の一つ。

そういえばまだ栃木の林道開拓してないな。。。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

2006.03.19

名栗で横殴りの突風。

今日はたんぽぽ&イエパレ仲間のうめきちさんが来梅。
例によって若草公園駐車場にて待ち合わせ。
今回の目的の用事を早々に済ませ、その後は2台でツーリングへ。
うめきちさんのフィット、Obit搭載済みで低回転領域のトルクアップ仕様になっているのですが、
その効果が気になっていたので、試乗させてもらうことも兼ねて。

さて、ツーリングの目的地は奥多摩です。
天気もいいし、気持ち良いツーリングを期待♪

が、さほど混んではいないんですが、まったり走る車が多く
うめきち号の性能を引き出すにはちとスローペース。
まぁ今のこの時期、青梅は梅祭りの真っ最中ですからね。
しゃーないので、コース変更です。
ちなみに梅の咲き具合は↓こんな感じでした。

01

さて、コース変更後の目的地は名栗湖。
ここに行くまでの道のり、結構ツイスティでアップダウンもあってなかなか楽しいコースです。
うめきちさんのフィットを試乗する前に、自分の愛車での感覚を掴むのに十分なコース。

青梅街道、JR軍畑駅付近から脇道に入って山道をひた進む。
途中青梅名物の5連ヘアピンなんかも通ったりして。

さて、名栗湖に到着です。
02

03

有馬ダムの上にフィットを停め、車外に出てみると。。。
暴風の世界。風上のほうに向いてるとまともに呼吸できないくらいの強風。
ここは襟裳岬かぇ!?
横殴りの風が名栗湖上の我々2人を迎えてくれました。

強風によろめきながらも数枚写真を撮って、ここから試乗会の開始です。
お互いのフィットに乗り換えて名栗湖~麓の間を往復。戻ってきたあとはそのまま名栗湖をスルーして
その先の林道・有馬線の入り口付近まで林間コースを堪能。
04

試乗の感想としては、同じ年式の同じMTフィットなのに微妙なところで違いがあるもんですね。
チューニングされた部分は置いといて、シフトの入り具合、クラッチの硬さ、クラッチミートなど等。

さて、メインの低速トルクの部分ですが、いいですねObit。
勾配のキツイ坂道では流石のObitでも補いきれないのか、あまり大きな差は体感できませんでしたが
平坦部では別物でした。まるで車重が軽くなったような出だし。こりゃ~いいですわ。Obit。
走りが楽しくなりそうなアイテムですね♪でも9万円なのね・・・(TωT)タカイッス...

午後から12ヶ月点検があるとのことで、お昼前にうめきちさんは帰宅。
朝から遠いところありがとうございました。
1時間半という短い時間でしたが、なかなか濃い1時間半でしたね(笑)

さてさて、ここ数日気温も大分暖かくなってきてドライブシーズンが近づいてまりました。
今回取った名栗のルート。本当は一度オフやってみたかったコースなんですよね。
ダム上で撮った写真。青空に映える黄色い車達。良い眺めですよね。

引越し前に地元開催の最後のオフを・・・と言いたい所なんですが
今月の休みは殆ど引越し関係に当てることになると思います。
4月もどうなることやら。。。GWの頭に出来たらいいな、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.04

奥多摩が好きでたまらない。

と、いうわけで昨晩のJR青梅線・奥多摩駅。
_1_


しばらくこの景色ともお別れですな。
引越し前にもう1回くらいこれるかな?

今までうちの嫁と何度もこういう会話をしたことがある。
「いつか奥多摩に電車で行こうね。四季彩に乗って。」

奥多摩にいくのにわざわざ電車なんぞ乗らんでも、愛車で行けばいい話なんだが。
でも電車で奥多摩に行くのにはワケがあるわけで。

いつも車の窓越しに見ていた風景を、電車の窓越しに見たい。
ガッタンゴットンと電車が奏でるBGMを聴きながら。
そんな思い。

私は子供の頃から青梅に住んでいたので、小学校の遠足などで電車で奥多摩に来た事はある。
あるんだけど、当時はそんな風景なんぞ見ても当然なんとも思わないわけで、
友達とワイワイやるのがたまらない。そんなお年頃。

だもんで、今となっちゃ電車の窓越しに見る奥多摩の風景ってどんなだったかな。と自分もわからんのです。

↑の会話の中で出てきた『四季彩』。これ知ってます?
JR青梅線だけに存在する特別仕様な車両なんす。
座席に座る向きが渓谷側に向いていて、車窓から景色を楽しむために作られた車両なんす。
4両編成なんですが四季ということで春夏秋冬、4色の車両からなる列車なんす。

天気が良くポカポカ陽気の日に、おべんと持って出かけたい衝動がいつも私らの胸の中にあります。

※四季彩の詳細についてはこちら
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.12

会社帰りに八つの峠越え。

今日は会社を定時で上がり、寄り道して林道を堪能してきました。
スタートは飯能にある、彼岸花で有名な巾着田の側にある林道・清流線。
やっぱりこの時期、空気がすんでいて夜景が綺麗です。
01


この清流線から権現堂線、奥武蔵2号線と続く奥武蔵グリーンラインは、尾根伝いを進む林間コースなので
左右両手に眺めのよい景色が楽しめるのが魅力です。
このグリーンラインだけで『顔振峠』『飯盛峠』『ブナ峠』『刈場坂峠』と4つの峠越えをすることができます。
刈場坂峠から奥武蔵1号線に接続し、さらに進むと、大野峠、白石峠を経て、頭文字Dでも有名な定峰峠へ続きます。

さて、奥武蔵グリーンラインの目玉はなんと言っても刈場坂峠からみる景色です。
大パノラマが広がるそこは、昼夜問わず素晴らしい景観を拝むことができます。
02

刈場坂峠の夜景を堪能したあとは、奥武蔵1号線ではなく、もう一つの林道『刈場坂線』にスイッチ。
そこでまた峠越えです。虚空蔵峠です。

刈場坂線を下りきったところでR299に接続しますが、ここでもう一つ分岐があります。
正丸峠へと続く旧道です。86レビンvs86トレノの折り返し地点ですね。
キャッツアイと折れたセンターポールに注意しつつ、正丸峠越え。
正丸峠越えは久しぶりだったのですが、以前より路面が綺麗になった気がしました。
といっても舗装が新しくなったとか、そういうわけじゃないんですけどね。
浮き砂利が少なくなったとか、雑草が綺麗サッパリなくなっていたりとか、そんな程度です。
03

正丸峠を越えた後は、山伏峠、小沢峠を越え青梅の自宅に帰宅しました。

途中、名栗から青梅に向かう県道で、行く手をさえぎる黒い物体がありました。
ノソノソとのんびり散歩途中のタヌキさんでした(^-^;
突然の出来事に急ブレーキですよ。ブレーキペダルにガッツンガッツンとキックバックが。ABSしっかり効いてました。
ABSのお陰でなんとかステアリングを切り、たぬきさんをよけることができましたが、
とっさにブレーキを踏んだときに私、どうやら腰を痛めた模様(-_-;)
まさか椎間板じゃないだろうね。。。なんかこの痛み嫌な予感がするよ。。。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.12.26

たんぽぽな一日

昨日は町田のグランベリーモールまでお買い物。
その道中、やけに黄色い車を目撃しました。
今日はたんぽぽのオフあったっけ?ってぐらい(^-^;

で、グランベリーモールを出た直後、
マブいエボ5を発見。
05-12-25_15-36

エボ5の後について走ることになり、
我が愛車の守り神「フモフモさん」のライブがスタート。
05-12-25_15-38

エボ5と別れた後も、何台かの黄色い車を目撃。

と、そこでちょっとしたハプニング。
R16でお約束の渋滞にはまってると
うちの車のすぐ左の車線で、目の前で玉突き事故発生。
ファンカーゴがアクセラにカマ掘ってました。
「グシャッ」と生々しい音が。
あの音って、ホント嫌ですよね。たとえそれが知らない人の出来事でも。

ちょっとブルーになりながらR16を八王子方面に進み
相模原辺りで、対向車でまた黄色い車を目撃。
それはうちと同じ、黄色いフィットでした。
無限のエアロを身にまとい、足元はブロンズのCE28。

と、いうわけですれ違いオフお疲れ様でした(笑)>うめきちさん

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.03.06

なんとなく奥多摩ドライブ

02020202

暇だったので、なんとなく奥多摩に行ってきました。
道中はマナーの悪いサンデードライバーにイライラさせられました(^-^;
運転しながら雪景色に見とれてトロトロ運転してたり(with意味のないフットブレーキ多用)、
突然ウインカーorハザードもなしに急ブレーキで路肩に停車したり(しかも場所を選ばず)。
もー勘弁してください!!危険すぎます。あんたらは走る凶器かっつーの!

と、フラストレーション溜まりながらも奥多摩湖に到着。
雪景色が綺麗でしたよ。
でもその雪が災いして、周遊道路が通行止めになっていました。
かるく流そうと思っていたんですが、残念。

今年は雪が多いため、あんまりドライブする気になれませんねー
林道なんて、どこ行っても通行止めの嵐ですわ(笑)
スタッドレス履いた状態では、乾燥した路面でもスリップが怖いし、磨耗が気になるし。。。
特別ウインタースポーツが好きってわけでもないので、早く冬なんて終ってしまえー!!
春が待ち遠しい~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.12

埼玉県こども動物自然公園

久しぶりに動物園にいってきました
子供向けかと思いきや大人でも充分楽しめるところでした
カンガルーの格闘を間近で見れたり、
ヘビを首に巻けたりと(^-^;
050212_134900.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

ここだけの話

今日の埼玉北西ドライブなんですが、
定峰峠に行く前に間瀬峠によったんです。
で、頭文字Dのカプチーノ戦の舞台となる
林道の入り口でなんとスタックしちゃいました(^-^;
ほとんど除雪されていなく、路面が見えない状態で、
しかもツルッツルに凍っているので当然スタッドレスと言えど成す術なし。
正月に秋田・青森行った時でさえ使わなかった
チェーン(バイアスロン)を使う羽目に(-_-;)
なんとか脱出はできましたが、えらい目にあいましたわ
ってかそんな路面のところに走りに行くなよってな話ですが。。。

05-01-21_14-27

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続続・埼玉北西ドライブ

定峰峠につきました

茶屋は閉まってます。誰もいませんわ(^-^;

さ、帰ろ
050121_1530.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧